1. >
  2. ありがたいカードローン

ありがたいカードローン

長い人生、お金に困ることは普通の人ならあるものです。

私は人一倍、お金は不足してきました。

妻に言わせれば、稼ぎが悪かったからです。

しかしお金に困った時、知っている人にはなかなか借りれないものです。

下手をすると友情まで壊しかねません。

そんな時にカードローンは便利です。

私もサラリーマン時代からカードローンは何度も利用してきました。

ただ言える事は、必要最小限にとどめ、決して癖にならないことです。

お金を借りる安易な癖だけは後々困ることになります。


銀行で作ったカードローン

カードローンは20代のとき、就職をしてしばらく経ったときに、銀行の勧めでカードローンを始めました。当時の私は給料は少ないですが、カードローンを利用しなくても十分に生活ができました。必要ないと思っていました。初めてカードローンを使ったのは車の車検でした。車検代を用意していなかったため、借り入れをすることにしました。その時は本当に助かりました。カードローンはこんな感じで利用をすれば便利だと思いました。その後も何かにつけて利用をしてしまい、いつの間にか限度額に到達をしてしまいました。利用をするにしても返済は多めにした方がいいですね。


カードローンに手を出すな!

カードローンは簡単に作れて、簡単にお金が引きだけて、自分の貯金と錯覚する怖さがあると思います。お金が足りない時や、急な出費の時に自分のお金を引き出す感覚で、借りてしまう怖さがあり、金利の事を考えて行くと、やっぱりカードローンは困っても、簡単に手を出したらいけないと思います。借りた瞬間にお金が増えたと錯覚してしまったら、抜け出せなくなる可能性もあるので、地道に働き、地道に貯金する方が正しいと自分は、思います。